必見!あなたに合った税理士の選び方

税理士の選び方

  1. サービス内容や相性
    もし、みなさんがマッサージを頼むとします。どう選びますか?
    冷蔵庫や洗濯機であれば量販店で最安値の所が良いと思いますが、例えば安いマッサージ屋さんだけど、適当であまり気持ちよくない人と、そこそこの値段だけどとっても気持ちよく疲れがしっかりとれるマッサージ屋さんとどちらを選びますか?
    物販とちがいサービスには同じものはありません。とても良いサービスであっても相性が合わないという場合もあるでしょう。ですので単に値段だけで判断しないほうが良いと思います。会社利益のために顧問料はできるだけ安くと考える姿勢はすばらしいと思いますが、安すぎるのもどうかと思います。
    安価で記帳代行も含めて受ける事務所では当然に多くの会社と契約しなければ採算が取れず、一社に時間をかけられずに充分なアドバイスを受けられなかったという事例もあります。
    事前に会って話を聞いてサービスの内容や相性を確認されることをお勧めします。
  2. 会計事務所の場所について
    電子取引や交通機関の発達により昔に比べると立地条件による制限というのはあまり気にしなくても良いかと思いますが、急なトラブルや無通知の税務調査のときなどを考えると近いほうが良いのかもしれません。
  3. 年齢について
    税理士の平均年齢は60歳を超えています。経験豊富なベテランの税理士が良いか、フットワークの軽い税理士が良いかは一概に言えませんが、話をしやすい税理士として同じ年齢くらいの税理士を選ぶというのも一つの選択肢かと思います。
  4. 客の立場になってくれるかどうか
    どの税理士も見積もりは無料だと思います。であるならば電話して何人も会って雰囲気や対応を客観的に見てみるべきでしょう。その後しつこく電話してくるような税理士は本当にお客さんの立場になっているとは思えません。パートナーとしてしっかり選定しましょう。
このページのトップに戻る
Copyright © Licensed Tax Accountant Shoichi Maruyama Office All rights reserverd.