所長コラム マルちゃんがゆく!

■すばらしい人には、すばらしい人が・・・ [2011.10.25]

久々の更新です

不定期ですが、なんとか更新していきますので、良ければ見てみてください

このコラム、日頃業務の中で良かったことなど書いていこうと思っています



今回は関与先での決算時訪問のこと


従業員さんの一人が退職するということで、決算訪問時30分だけ席をはずして社長が面接とのこと



その社長というのが、とっても人柄がよく、とってもポジティブな方で、話をしてもとても楽しくなる方なんです
昨年は移転など色々あり、大変な一年で厳しい決算数値の説明をしなければならない状況ではありましたが、今後の前向きな展開を話されもっともっと話を聞きたくなる素敵な方なんです



話は戻りますが、その面接 きっと私の母親くらい?の主婦さんでした

飲食店であるこの関与先、お客さんが最も少ない時間帯に隅っこの客用テーブルで決算処理

その面接も隅っこの客用テーブルにて



話こそ全く聞こえませんが、面接している状況が見える状態でした

きっと15分前後かと思います



社長が戻って来ました

ピピッンと来たのか即採用を決め、その方にも採用を伝えたようです

そしたらその主婦さんが言ったようです

「勉強のため、このメニュー表お借りしてよいでしょうか」と・・・




なかなか面接日に即採用が決まったとはいえ、即メニュー表を覚えてこようという意気込みまで持てる方はいない

他の関与先の飲食店でも、そこまでの人は聞いたことがありません


それだけでも、すごい!と感じたのに


その主婦のすごさはその後・・・



面接中に退席したお客さんの食べ終わった食器を片付けはじめました




私「えっ、社長が指示したんですか?」

社長「いやいや、全く」

社長がその主婦に向かって、「ありがとう!」

主婦「いやいや」





私、思うんです

面接中の会話でその主婦がその社長のポジティブなオーラ・雰囲気に溶け込まれたのか
その主婦その人自体の自覚の持ち主なのかはわかりません




少なくとも、そういう人にはそういう人が寄り付く感じがします




悪い考えの人には、悪い考えの人が寄り付くし

すばらしい人には、すばらしい人が寄り付く


このページのトップに戻る
Copyright © Licensed Tax Accountant Shoichi Maruyama Office All rights reserverd.